至急お金が必要

<50万円を超えるお金を借りる場合>

1社からの借入れ希望額が50万円を超える場合、または、他社との借入額の合計額が100万円を超える場合は、本人確認書類だけでなく、収入証明書類も必要になります。

 

収入証明書類は、申込者の収入を証明するための書類で、

 

 1.源泉徴収票・給与明細書
 2.住民税決定通知書
 3.納税証明書その1、その2
 4.確定申告書 第1表、第2表

 

などのことです。

 

会社員の方やアルバイト・パート従業員の方は、源泉徴収票・給与明細書を提出している人がほとんどです。

 

勤務先から受け取った。源泉徴収票や給与明細書を用意しておけば、高額なお金を借りる場合でも、スムーズに申し込むことができます。

 

給与明細書を用意するときは、直近2ヶ月分を用意し、賞与明細書がある場合は、それも準備しておきます。

 

また、個人事業主や会社代表者の人は、納税証明書もしくは確定申告書が必要になります。

 

希望する金額がいくらから収入証明書類が必要になるかは、キャッシング会社ごとに異なります。

 

事前に公式サイトで必要書類の確認をするようにしてください。

大至急お金が必要なときに借りる方法といえば、カードローン!
今日中に借りれるカードローンについて、もっと詳しく知りたいですよね。自分にあったカードローンのオススメな理由や情報をチェックしましょう!

【今日中にお金を用意したい方は必見!! 】はコチラ!