MENU

【大至急お金が必要】即日融資可能なカードローンを徹底解析

 

こちらのサイトではカードローンで即日融資する方法をご紹介します。
即日融資のポイントと手順を確認してから、カードローンを選びましょう!


 

 カードローンを選ぶ3つのポイント

 

即日融資に対応している

今日中に借り入れしたいなら、大手の消費者金融を選びましょう!

 

大手の消費者金融なら最短1時間でお金を借りることも可能です。

 

在籍確認に配慮してくれる

電話連絡ではなく、必要書類を提出することで在籍確認を完了することができます。

 

深夜や土日祝日にお勤め先の会社が営業しておらず、在籍確認ができずに即日融資ができなかったというケースもあります。

 

会社に消費者金融でお金を借りることがバレたくないという方にはとてもオススメなサービスです。

 

WEB完結で契約できる

自動契約機に行けない方はWEB完結が非常に便利です。

 

自宅で申し込みから契約・振込みまでの手続きが全て行うことができます。

 

 即日融資の手順

 

STEP1 申し込み
ホームページやアプリで申込フォームに個人情報や会社情報などの必要事項の入力

 

 

STEP2 コールセンターに電話する
コールセンターへの電話は書類で在籍確認したい方のみ行ってください。

 

申し込みが完了したらすぐにコールセンターに電話してください。

 

スタッフに「書類で在籍確認をしてほしい」と伝えて下さい。
※但し、誰でも書類で在籍確認できるわけではありませんので、ご注意下さい。

 

在籍確認の免除に必要な書類

・社員証
・給与明細書
・源泉徴収票

 

 

STEP3 審査
審査時間は消費者金融によって異なりますが、最短30分で審査結果を回答してもらえます。

 

 

STEP4 審査の結果
電話で審査の可否が報告されます。

 

 

STEP5 契約
自動契約機に行き、契約を行います。

 

契約時に必要となる書類は運転免許証などの身分証明書のみとなります。

 

しかし、下記の条件に当てはまる方は収入証明書の提出が必要となります。

 

収入証明書の提出が必要となる条件

・借入希望限度額が50万円以上の場合
・プロミスの借入希望限度額と現在の他社での借入額の合計が100万円以上の場合

 

消費者金融や地域によって異なりますが、自動契約機は朝9時〜21時まで営業しています。

 

 

STEP6 利用開始
自動契約機に備え付けられているATMからキャッシングすることができます。

 

即日融資が可能な消費者金融一覧

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

おすすめのポイント!!

 

プロミスなら最短30分で審査回答、最短1時間でお金を借りれます。更にWEB完結も可能なので、いつでもどこでも契約が可能です!

 

プロミスの詳細・お申込み

実質年率 審査時間 融資スピード
4.5%〜17.8% 最短30分 最短1時間融資
WEB完結 書類で在籍確認 収入証明書
可能 相談可能 限度額50万円まで不要

 

アコム(三菱UFJフィナンシャル・グループ)

おすすめのポイント!!

 

消費者金融を初めて利用する方の多くはアコムと契約します。難しい手続きなど無く、申し込みから契約までスムーズに行えます!

 

アコムの詳細・お申込み

実質年率 審査時間 融資スピード
3.0%〜18.0% 最短30分 最短1時間
WEB完結 書類で在籍確認 収入証明書
可能 相談可能 限度額50万円まで不要

 

モビット(三井住友銀行グループ)

おすすめのポイント!!

 

書類で在籍確認したい方はモビットがオススメです。電話連絡なし・郵送物なしで周りの人にバレる心配なし!

 

モビットの詳細・お申込み

実質年率 審査時間 融資スピード
3.0%〜18.0% 10秒簡易審査 最短即日
WEB完結 書類で在籍確認 収入証明書
可能 可能 -

できるだけ早く借りたいならプロミス

 

 プロミスがオススメの理由

@最短1時間で融資可能

プロミスなら申し込みから最短30分で審査結果を回答してくれるので、借りれないかもという不安をあまり感じることはないです。

A30日間の無利息サービス

プロミスとの契約が初めての方なら、最初の30日間の金利が0円です。キャッシングは最初の返済が一番金利が高くなるので、とても有難いですね。

Bいつでも借りれる瞬フリ

三井住友銀行や三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行などのプロミスと提携している銀行の口座を持っている人なら、24時間365日いつでも最短10秒で振り込み可能です。

 


>>プロミスの詳細はこちら<<

だれにでも「至急お金が必要」というときがあり、少し慌ててしまうものです。カードローンに申込むことを決めているなら、すぐにでも申込むべき会社を選択し、申込まなければなりません。逆に、カードローンに申込まないのであれば、誰かに借金を頼む、あるいは、支払に間に合わないデメリットを受けざるを得ません。ここでは、カードローンに申込む方が、どのように申込先を決めたらよいかについて、ご紹介します。必要なお金は、年収の3分の1超か?まず、自分が必要としている金額と自分の年収を比較してみてください。たとえば、自分の年収が150万円、必要としているお金が60万円の場合は、迷うことなく「銀行カードローン」から選ばないといけません。消費者金融に申込むこともできますが、消費者金融が融資できるのは、総量規制によって「年収の3分の1まで」に制限されているからです。自分の年収の3分の1以下で大丈夫、というなら、プロミスのような、スピーディ審査に定評のある消費者金融も選べます。自動契約機が用意されているか?カードローンに申込んだ後、融資を受ける方法には、 ・振込キャッシング ・ATMキャッシング の2種類があります。振込キャッシングは、ローン会社が指定する金融機関の口座があり、ネットバンキングの登録が済んでいるときに、初めて利用できるものです。そのため、通常は、融資を受ける際に必要となる、カード発行を受けてから、提携ATMでお金を受け取る方法になります。このカードは、「自動契約機で発行を受ける」か、あるいは、郵送されるのを待つかの2つの方法でしか受け取れません。カードローンに申込むときは、当日中にローンカードの発行ができる、自動契約機が用意されているサービスに申込むべきでしょう。 この2つのポイントを確認したら、申込みに必要になる、運転免許証(交付を受けていなければ、健康保険証・パスポート等)を用意し、すぐにでも申し込み画面に進んでください。